コレステロールを味方に付けよう|実は頼りになる存在

女の人

栄養凝縮された究極の生物

メディシン

究極の栄養生物を培養成功

三度の食事で不足しがちな栄養素をサプリメントで補うライフスタイルは、今やすっかり定着しています。コンビニやドラッグストアでも多くの種類のサプリメントが売られており、たいていの栄養分は補給できます。その一方で、自分がどの栄養素を補充すべきなのかわからないという人も少なくありません。忙しい毎日を過ごしている人にとっては、1つの製品ですべての栄養素を効率よく摂取できるに越したことがないのです。そんな欲張りの人に朗報があります。飲料やヨーグルトに含まれた形で新商品が次々と登場しているミドリムシは、59種類もの栄養素を持っているのです。スイーツやパンの材料にも使われているだけに、多くの人が抵抗なく受け入れています。ミドリムシという名前を聞けば虫のようなイメージもありますが、むしろ藻類の一種に属する単細胞生物です。基本的には植物ですが、鞭毛を使って自ら移動できるため動物の性質も持つ特殊な生き物なのです。ミドリムシは細胞壁を持たないため消化しやすく、吸収率は93.1%と言われています。培養が難しい生物でしたが、日本企業が大量培養に成功しました。豊富な栄養素を持つミドリムシ量産への道が開けたのです。

代謝改善から病気予防まで

クールジャパンの技術力が量産を可能にしたミドリムシは、サプリメントの形で摂取することで最も効果を発揮します。59種類の栄養素にも植物由来の成分と動物由来の成分の両方がバランスよく配分されているのです。植物ならではのビタミンは14種類も含まれている他、亜鉛や鉄分といったミネラル分も豊富です。ビタミンやミネラルは基礎代謝を改善させ、疲労回復や若返りといった効果を生みます。動物性の成分としては18種類ものアミノ酸がまず挙げられます。青魚に多いDHAやEPAなど、不飽和脂肪酸が含まれる点にも注目しないわけにはいきません。DHAやEPAにはコレステロール値を下げて血流を良くする作用があるため、脳卒中や心臓疾患などの生活習慣病予防にもつながるのです。毒素を分解してくれるデトックス効果や、免疫機能を向上させて感染症にかかりにくくしてくれる働きもあります。こうした数々の健康効果をもたらすミドリムシがすでに多くの食品に利用されています。飲料やスイーツもいいですが、最も効果が期待できるのはやはり純度の高いサプリメントです。驚異の完全栄養食とも言われるミドリムシのブームは、まだまだ終わりそうもありません。